【著者サイン入り】棋士とAIはどう戦ってきたか

¥ 972(税込) 残り0点

現在在庫切れです

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円

※15,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

【著者サイン入り】棋士とAIはどう戦ってきたかの商品説明

棋士とコンピュータとの戦いは、人類とAIの未来を暗示している!?
2017年4月1日、現役タイトル保持者が、
はじめてコンピュータ将棋ソフトに敗れた。
AI(人工知能)が、ついに人間の王者を上回ったのだ。
それは予想だにしない奇跡だったのか、それとも必然だったのか?
著者・松本博文のサイン入り。
「棋譜は後世に残る。それ以外のことは記者が書かないと残らない」は氏の先輩である桜木記者の名言です。


コンピュータ将棋の開発が始まってから40年あまり、
当初、「人間に勝てるはずがない」ともいわれたコンピュータ将棋は、
驚異的な進化を遂げて、いま、人間の前に立ちはだかる。
この間、棋士は、そしてソフト開発者は何を考え、何をめざしてきたのか?
そして、人間とAIは、どのような関係へと向かうのか?
将棋界の最前線を十数年取材してきた将棋記者の、懇親のルポルタージュ!

目次>
はじめに――人間vs人間、人間vsコンピュータ

第一章 神が創りたもうたゲームの系譜
 
(一)囲碁・将棋の歴史を振り返る 
(二)幕を開けた人間と機械の戦い   
第二章 電王戦前夜――人間vsコンピュータの始まり
(一)コンピュータ将棋の黎明期   
(二)人間を凌駕するコンピュータ  
(三)人智を超えた〝学習する〟将棋ソフト   
第三章 AIが人間を超えた日
(一)女流トッププロvsコンピュータ連合軍 
(二)第一回電王戦 
(三)第二回電王戦  
(四)第三回電王戦  
第四章 苦闘――棋士の葛藤と矜持
(一)電王戦FINAL
(二)FINAL最終戦に見た両者の信念
第五章 棋士とAIの未来
(一)新たにスタートした第一期電王戦
(二)第二期電王戦
(三)AIとの苦闘が残すもの
おわりに

洋泉社刊

通報する